Saunash

1ST ALBUM Bonus Away - 2014.7.16. ON SALE -

SPECIAL INTERVIEW

-まずは原型のジャッジから始まるとのことですが、その後はどちらかが作ったものをバンドで形にして行く感じなんですか?

佐藤
あまり決まりはないですね。俺はギターを弾けないので、モチーフを二人に投げて作って行く感じですね。まあ、ギターの部分についてはちょこ(杉山)が作った方が絶対良いし、リズムも然りと思っているので。

常木
佐藤君はモチーフがあってみんなに投げてくる感じなので、僕は完全に自由に叩いてます。逆に杉山君が作った曲に関しては、割と細かく指定があって。ドラムについてもここをこうしてとか曲のイメージがかなり明確。そう考えると、二人で作り方が違うのは面白いかもしれないですね。

杉山
僕が作った曲ついては、今回DTM(Desktop music)を使ったのがデカかったです。デモの段階で色々なリズムを試してぐっと詰めることができたし、曲のイメージを音にして伝えられると全然違いましたね。あとは、例えば「U.F.O.」ではイントロだけを3人で作って、啓君がメロディを作るようなパターンがあったり。「King's New Clothes」や「Stop the Time」は演奏面のコンセプトを先に決めちゃって、リフだけ二人にぽんと投げてみたり。前作までは、曲を作る上で歌のメロディが中心だったので、良いメロディが無いと成立しなかったんですが、今回は演奏面から入るやり方もしたので、これも変化としては大きかったかもしれない。

常木
僕は今作ではSaunashの楽曲を俯瞰して、こういうリズムはまだ無いな、という観点から叩いてみたりしました。そうすることで、自ずと今までに無かった曲が生まれる感じはありました。あとは、微妙なタメや突っ込みはかなり拘りましたね。

杉山
ツネさんのドラムパターンからイメージを膨らましたのが「Monster」で。なんとか今までと違うリズムやテンポを取り入れたかったので、ドラムから曲を作れたのは良かったですね。こういう曲の作り方の多様化が、結果的にアルバムとして上手くバランスが取れたのかもしれません。

-今作では杉山さんがメインボーカルの曲が無いようですが、やはり3ピースへの拘りや変化の中で佐藤さんへ一本化したのでしょうか。

杉山
以前までは曲を作った方が歌っていたのですが、「Crossroads」が出来たときに、二人のボーカルパターンを録ってツネさんに聴いてもらったんです。曲に自信があったので、客観的に聴いて良いと思われる方にしようと思って。で、結果啓くんの方が良いねってなって。もともと自分の声より啓くんの声が好きだったので、だったら1本に絞った方が良いんじゃないかと言うことになり、まあ自然な流れでそうなりました。実のところ、3ピースのバンドでツインボーカルは分かりづらいってのは理解できていたんですね。俺もギタリスト+作曲って役割に集中した方がバンドとして分かりやすくなるし。逆に啓くんの歌も一人で歌うことでどんどん良くなるだろうし、バンドとして絶対的に良くなるなって思えたので。だから、僕はだんだんとメロディ中心の曲作りから演奏メインへシフトして行って。ギタリストとしての自分の位置づけは大きくなりましたが、その分どんどんギターが難しくなって(笑)

常木
ギターは変わったよね。メロディーを弾くようになって。

-結果的に、「Bounds Away」と過去作を比べてみると、凄くリスナーの間口が広がったサウンドになった印象があります。レビューでは必ず「ポップ」や「爽やか」「カラッとしたサウンド」等と評されますが、Saunashらしさとして、そういう部分は意識しているのでしょうか。

杉山
それを意識したのは、寧ろここ数年な気がします。実は、ポップでいたいとか、そういうイメージはもともと持っていなかったんですよ。今作についても、過去作と同様リスナーを意識したとかそういうのも全然なくて。その時々で一番良いと思ったサウンドを形にするだけなんですが、それはもうずっと一貫していて。ただ、ジャンルで括るなら自分たちの音楽はパンクやロックではなく「ポップス」だと思います。

佐藤
主張やメッセージ性が主軸では無いですからね。僕らの曲がポップとかカラッとしたサウンドとか称されるのは、そういう部分も大きいかも。

常木
過剰な演出はしない傾向にはあるので、そういうのがポップなイメージに繋がっているのかもしれないですね。僕らは単純に音楽だけにしか興味が無いので(笑)toeやASPARAGUSのようなひょうひょうとした感じが好きだし、言葉でどうこうってよりも純粋に音楽が超カッコいい!って言う。普段着の兄ちゃんがふとカッコいい一面を見せるって言うのが好きなんで。

-山下達郎さんが好きであることを良くtweetしていますが、純粋な音楽職人の一面というか、そういう部分に共感しているのかもしれないですね。

杉山
敢えて作詞を外注したり、ライブでは絶対に政治のMCはしないって決められてたり。御自身でも言われてますけど、「職業作家」としての気質が強い方ですよね。僕なんかも考え方としては全然そっち派なので。そういう意味でも自分たちの音はポップだと意識しているのがあります。あと、カラっと聞こえるのであれば、それは音質も影響しているかもしれないですね。僕らは、例えば、ポストハードコアっぽい高低音がーんみたいな、ワイドレンジの迫力で出す感じではないので。リズムも基本的に前ノリでヘビーな感じではなく、音質もど真ん中が中心だから。そこをロックと真逆って意味でポップと捉えられているのかも。たぶん今のロックとは凄い真逆なんだと思います。

-そういう音を出したいという具体的なイメージはあったのですか?

杉山
ありましたね。それぞれ音の好みがあるので、事前にこういう音質でやるよってちゃんと共有して。共有しておかないとレコーディング中に喧嘩になっちゃうんですよ(笑)「Bounds Away」のレコーディング初期に、各自の音のイメージ共有を突き詰めずにやってたらエンジニアの清野さん(ONEPERCENTRES)にご指摘を受けまして...。「もっと全員でイメージを共有しておかないとSaunashの音にならないぞ」と。それを言われてからはもう、俺がこだわりまくるようになって、めんどくさい奴になっちゃうんですけど、、(笑)

佐藤
もうこだわりが凄い!(笑)まあ、おかげで今の音があるんだけどね。

-音源を制作して販売することと、ライブに来てもらうことの位置付けの違いはありますか。今はライブを中心において、音源はただのツールという考え方もありますが。

杉山
聴いてもらえるならどんな形でも嬉しいんですけど(笑)音源はライブと別物として考えています。特に「Bounds Away」は、個人的に言えばライブでの再現が不可能なんで(笑)以前まではギターの重ねも極力少なくしていたけど、「Bounds Away」では完全にそういうのは無視しましたから。

佐藤
そこは変わったよね。以前はライブでの再現ありきで曲も考えてたからね。

-先ほどメッセージ性よりも純粋に音楽を楽しみたいとのことでしたが、ライブについては、やはりお客さんを楽しませたいとか、そういうモチベーションがあるのですか?

杉山
寧ろ、かなりありますね(笑)やっぱりその場の空気は良くしたいので、ピエロでありたいし。演奏が始まるとキッとしちゃうので、そういう意味でもMCはおちゃらけたいなと。おちゃらけ切れてない感じもあるんですけど(笑)

-確かにtwitterを見てても、ロックのバンドはクールに構えたいとか、ある程度演出があると思うのですが、、

杉山・常木
全く無いんですよね(笑)

-そうなんですね(笑)それでは、最後に読んでくれた皆さまへメッセージを。

佐藤
月並みですが、読んでくださってありがとうございます。このアルバムを聴いていただくことで、ほんの小さなことでも皆さんの中に何かきっかけをつくることができたなら幸いです。次はライブでお会いしましょう。

常木
このアルバムができるまでの間、バンドでもプライベートでもいろいろとあり、完成を目指すことでそれらを乗り越えられた気がします。今回はジャケットのアートワークも担当しましたし、自分の人生においても重要な作品になりました。そして、聴いていただければ絶対に気に入ってもらえる自信作です!

杉山
能書きは良い、聴けば分かる...じゃなくて、きっとこれを最後まで読んでくれた人はもうアルバム聴いてくれた人がほとんどだと思うので、今度はライブを観に来て欲しいです。音源とはまた違った面白さがきっとありますよー。もちろんまだ聴いてない人は...聴かなきゃダメ!ゼッタイ!